変色した歯のケース

歯の色が変わってしまった場合や、もともと歯が生えた時から変色していた場合など、歯の色が褐色である場合、ホワイトニングやオールセラミックにて歯を白くする方法があります。

 

歯の神経を抜いた後の変色であれば、ウォーキングブリーチ法で歯を白くすことができる可能性があります。ただし、虫歯が大きい場合はウォーキングブリーチだけでは直せず、ファイバーの土台を立ててオールセラミックで直すことになります。

 

テトラサイクリンなどの歯の変色に関しては、色のグレードによりホワイトニングの効果が少ないほどの変色であればオールセラミックで歯を白くすることが第一選択の方法となります。

 

 

 

歯の色は、変色具合によってオールセラミックの色や透明度を調整します。

あまり白すぎても違和感が出てしまいますので、ちょうどよい感じに調整します。

歯並びと歯の変色を治したケース

変色歯
変色歯

テトラサイクリンの変色した歯を審美歯科で治療します.

変色歯
変色歯

横縞の入った褐色の変色をしています.ホワイトニングでは

審美歯科治療後

変色歯
変色歯

オールセラミックで治療を行いました.自然な感じの透明感を出して作りました.歯茎の整形を行った事で自然な大きさの歯になりました.

変色歯
変色歯

歯茎の整形とオールセラミック治療できれいな前歯の見た目になりました.

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバッックス上

03−3251−3921

メモ: * は入力必須項目です