2015年

7月

08日

ブラックマージンはセラミックの寿命かもしれません。

若い頃にセラミックの差し歯を入れてすごくきれいで喜んでいたのに、最近セラミックの歯茎の部分が黒く見えてきているということはありませんか?


この歯茎の部分の黒いことをブラックマージンと呼んでいます。


ブラックマージンは歯茎が下がってきてしまった場合に起こります。そして、単にオールセラミックで再治療を行ったとしてもしばらくするとまた歯茎が下がってしまい、ブラックマージンが出現してしまいます。


ブラックマージンは単に歯茎が下がって見た目が悪いというだけでなく、セラミックの内部に虫歯を発生させてしまう可能性が高まりますので、要注意です。セラミックの寿命と言える場合もあります。


最新の審美歯科治療ではブラックマージンを出さないために、審美歯科治療と合わせて歯茎の再生治療を行います。ブラックマージンが出現して再治療をお考えの方は最新の審美歯科治療をお勧めします。


ブラックマージンに関しての詳しいページは下記のリンクをクリックしてご覧ください。


ブラックマージンについてのページ