2015年

7月

28日

ブラックマージンの問題は治療後数年で起こってきます。

審美歯科治療を行った後の問題にブラックマージンというものがあります。オールセラミックをセットした直後はきれいだった歯茎が、何年かして黒い線のように見えてくる問題です。


ブラックマージンは差し歯の歯茎が下がって歯茎の部分が黒く見えることを言います。


ブラックマージンの問題は歯茎が薄い方に起こりますので、一度ブラックマージンが起こってしまって再治療をしてもしばらくしてまたブラックマージンの問題が起こってしまう事があります。


そのため、歯茎が薄くブラックマージンが出てしまった方の再治療の際には歯茎の再生治療をオールセラミック治療と合わせて行うことをお勧めしております。


詳しくはブラックマージンのページをご覧ください。