オールセラミックのお値段

オールセラミックのお値段は機械仕上げのものと手作りのもので料金体系が異なります。

 

機械仕上げのものは、近年どんどん価格が安く提供できるようになっておりますが、いまだ精度がよいとは言えないものが多いのですが、大量生産により価格が低下し、技術力上がっているのは確かです。今後の発展に期待できます。

 

手作業で行うセラミックはやはり熟練の技工士さんに注文が集まりますので、お値段は変わらないかむしろ高くなっています。ただ、オールセラミックの材料の開発によってより天然の歯に近い見た目の、持ちの良い素材が出てきていますので、オールセラミックはより良いものになっています。

 

オールセラミックのお値段は工業化したものは安くなり、熟練を要するものは高くなる仕組みは一般的なものの値段と同じです。

2015年

7月

25日

多くの方の前歯の差し歯で起こっているブラックマージンという問題

ブラックマージンという言葉をご存じない方でも、前歯の差し歯の歯茎がが黒ずんでいるのを見た事があるのではないでしょうか?


多くの前歯の差し歯でブラックマージンの問題が起こっています.


差し歯の歯茎が下がってしまって差し歯の歯茎の部分が黒くなる事をブラックマージンと言っています.


見た目の問題、虫歯のリスクの問題がありますので、ブラックマージンが見えて来たら治療をする事がお勧めです.


ブラックマージンの治療についてのページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


ブラックマージンのページ


続きを読む 0 コメント

2015年

7月

11日

オールセラミックブリッジの項目を追加しました.

オールセラミックブリッジはただ歯を抜いてブリッジにするだけではありません.歯を抜いてそのままオールセラミックブリッジを行うと歯茎が下がって隙間ができてしまう事がよくあります.


隙間や息が漏れるために、再治療されるという方が後を絶ちません.せっかく入れたきれいな歯も外すはめになってしまうかもしれません.


最新のオールセラミックブリッジ治療では歯茎をしっかりと安定させた上でオールセラミックブリッジを入れます.そうする事によって歯を長持ちさせます.


詳しくはオールセラミックブリッジのページをご覧ください.

0 コメント

2015年

6月

29日

ブラックマージンの治療に関する項目を追加しました.

差し歯の治療後の歯茎の退縮で気になるのが歯茎の黒ずみでしょう。


歯茎が黒く見える場合、ブラックマージンと言われる金属や歯の根っこの黒い部分が露出している事があります.


ブラックマージンについての項目をサイドバーに追加しております.差し歯をオールセラミックに変えたい場合など、このページをご覧ください.


ブラックマージンのページ

0 コメント

2015年

6月

26日

オールセラミックは歯茎が下がらないように

オールセラミックの注意
オールセラミックの注意

オールセラミックを行う場合,歯茎が下がらないようにケアをしていく必要があります.


オールセラミックの差し歯をした後、歯茎が下がってしまったら、その後やり直すまで何年もの間見た目を気にしていく事になってしまいます.


当院では、歯茎が薄い方にはオールセラミック治療と合わせて歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.オールセラミック治療後でも下がり始めたくらいでしたら、歯ぐきの再生治療だけで対処できる場合もあります.


オールセラミックと歯茎に関してのページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2015年

6月

24日

オールセラミックの歯茎が下がってしまった場合の治療

歯茎が下がってしまった場合
歯茎が下がってしまった場合

オールセラミック治療後に歯茎が下がってしまっている方がよくいらっしゃいます.歯茎が薄い方がオールセラミック治療をされると多くのケースで歯茎が下がってしまいってきています.


そのため、歯茎が薄い方はオールセラミック治療と合わせて歯ぐきの再生治療を行う事で歯茎が下がってオールセラミックのやり直しにならないようにする事をお勧めしております.

続きを読む 0 コメント