警告!オールセラミックをやり直す1番の原因

神田ふくしま歯科では、歯茎の下がった方の歯の大きさを改善してオールセラミックを作成する事をお勧めしております.

オールセラミックをやり直す一番の原因はオールセラミックの歯茎が下がってしまって歯茎が黒く見えたりする事です.

神田ふくしま歯科では、歯茎が下がってしまった方の審美歯科治療を行う際、歯茎の下がった位置でオールセラミックなどの差し歯を作成すると歯が長くなってしまうため,差し歯を作成する前に歯ぐきの再生治療を行い歯茎の長さを改善してから治療をされる事をお勧めしております.


歯ぐきの再生治療を行い、歯茎の厚みを増す事でオールセラミックが長持ちするようになります。

歯茎が下がってしまったときにお勧めのオールセラミック治療

前歯の差し歯の歯茎が下がってしまっています.また,差し歯と歯の根っこの境界部分に隙間が空いてしまっていますので、差し歯を交換する事になります.


神田ふくしま歯科では、このような歯茎が下がってしまったケースの審美歯科治療を行う際は、まず歯茎の再生治療を行って歯茎を回復させてからオールセラミックで治療をされる事をお勧めしております.

治療後の状態.歯ぐきの再生治療を行った上でオールセラミック治療をしました.


歯茎の位置が回復したために、歯の長さをそろえる事ができました.また、オールセラミックを使用する事で、自然な感じの透明感となっています.



オールセラミックの無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

オールセラミックの歯茎が下がると多くの場合でやり直しをお勧めしております.

オールセラミック治療後に歯茎が下がってしまっているケースの多くはオールセラミックの適合が悪いか下がった歯茎の部分に虫歯が進行してしまっています.そのため、多くの場合でオールセラミックをやり直す事になっています.

オールセラミック治療例

歯茎が下がっている部分が虫歯になってしまっています.
歯茎が下がっている部分が虫歯になってしまっています.

下がってしまったセラミックの接着部分が虫歯になってしまっているとセラミックを外して作り直しとなります.


このケースでも歯ぐきの再生治療を行い歯茎の位置をそろえてからオールセラミックを入れ直しました.

オールセラミック治療後
オールセラミック治療後

歯ぐきの再生治療とオールセラミックのやり直しで歯茎のラインが整いきれいな歯の形になりました.


下の歯は部分矯正治療で並べています.

オールセラミック治療例 歯の長さを改善するための歯茎の再生治療

オールセラミック治療前
オールセラミック治療前

オールセラミックで治療後に歯の長さが長いため転院されて来た患者さんのお口の状態


確かに左側の歯が長いですね。


こういった場合もオールセラミックを外して作り直すのに合わせて歯ぐきの再生治療を行います.

歯ぐきの再生治療でオールセラミックの長さをそろえます.
歯ぐきの再生治療でオールセラミックの長さをそろえます.

歯ぐきの再生治療をオールセラミック治療と合わせて行う事でオールセラミックの長さをそろえる事が出来ました.


審美歯科治療を行う場合は歯茎の再生治療を合わせて行う事をお勧めしております.

歯ぐきの再生はいつやるか?

こうなっては遅い
こうなっては遅い

歯ぐきの再生治療だけで治したい所ですが,このケースでも歯ぐきの再生治療とセラミックのやり直しとなります.


セラミックの歯茎が下がってしばらくすると虫歯などで歯の根っこが悪くなってしまいます.

それでも歯ぐきの再生で見た目が改善
それでも歯ぐきの再生で見た目が改善

セラミックの交換をする事になりましたが、歯ぐきの再生とオールセラミック治療で見た目が改善しました.


歯茎の厚みもしっかりと増えましたので将来的に歯茎が下がりにくくなります.

歯ぐきの再生とオールセラミックに関するBlog

2015年

7月

28日

ブラックマージンの問題は治療後数年で起こってきます。

審美歯科治療を行った後の問題にブラックマージンというものがあります。オールセラミックをセットした直後はきれいだった歯茎が、何年かして黒い線のように見えてくる問題です。


ブラックマージンは差し歯の歯茎が下がって歯茎の部分が黒く見えることを言います。


ブラックマージンの問題は歯茎が薄い方に起こりますので、一度ブラックマージンが起こってしまって再治療をしてもしばらくしてまたブラックマージンの問題が起こってしまう事があります。


そのため、歯茎が薄くブラックマージンが出てしまった方の再治療の際には歯茎の再生治療をオールセラミック治療と合わせて行うことをお勧めしております。


詳しくはブラックマージンのページをご覧ください。

0 コメント

2015年

7月

25日

多くの方の前歯の差し歯で起こっているブラックマージンという問題

ブラックマージンという言葉をご存じない方でも、前歯の差し歯の歯茎がが黒ずんでいるのを見た事があるのではないでしょうか?


多くの前歯の差し歯でブラックマージンの問題が起こっています.


差し歯の歯茎が下がってしまって差し歯の歯茎の部分が黒くなる事をブラックマージンと言っています.


見た目の問題、虫歯のリスクの問題がありますので、ブラックマージンが見えて来たら治療をする事がお勧めです.


ブラックマージンの治療についてのページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください.


ブラックマージンのページ


0 コメント

2015年

7月

11日

オールセラミックブリッジの項目を追加しました.

オールセラミックブリッジはただ歯を抜いてブリッジにするだけではありません.歯を抜いてそのままオールセラミックブリッジを行うと歯茎が下がって隙間ができてしまう事がよくあります.


隙間や息が漏れるために、再治療されるという方が後を絶ちません.せっかく入れたきれいな歯も外すはめになってしまうかもしれません.


最新のオールセラミックブリッジ治療では歯茎をしっかりと安定させた上でオールセラミックブリッジを入れます.そうする事によって歯を長持ちさせます.


詳しくはオールセラミックブリッジのページをご覧ください.

0 コメント

2015年

6月

29日

ブラックマージンの治療に関する項目を追加しました.

差し歯の治療後の歯茎の退縮で気になるのが歯茎の黒ずみでしょう。


歯茎が黒く見える場合、ブラックマージンと言われる金属や歯の根っこの黒い部分が露出している事があります.


ブラックマージンについての項目をサイドバーに追加しております.差し歯をオールセラミックに変えたい場合など、このページをご覧ください.


ブラックマージンのページ

0 コメント

2015年

6月

26日

オールセラミックは歯茎が下がらないように

オールセラミックの注意
オールセラミックの注意

オールセラミックを行う場合,歯茎が下がらないようにケアをしていく必要があります.


オールセラミックの差し歯をした後、歯茎が下がってしまったら、その後やり直すまで何年もの間見た目を気にしていく事になってしまいます.


当院では、歯茎が薄い方にはオールセラミック治療と合わせて歯ぐきの再生治療を行う事をお勧めしております.オールセラミック治療後でも下がり始めたくらいでしたら、歯ぐきの再生治療だけで対処できる場合もあります.


オールセラミックと歯茎に関してのページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント